すべてメッセージ通りに

blog_宇宙

  宇宙からのメッセージは 最終段階まで来ています。 ただ それを今ここに書くことはできません。 これまでに来たメッセージの一つひとつを追っていくと すべて現在まで当たってきています。 始まりは 「水を変えなさい」 というメッセージでした。 「薬では治らない病気がたくさん発生する。 それを癒すために水を変えなさい」 「野菜や魚、その他の食品、衣類など 私たちが口にするもの 皮膚に触れるものでさえ たくさんの薬品が使われている」 「それが体内に入っていって 体の中で混合し原因不明とされる新しい難しい病気が次々と発生し 治療法もわからないまま苦しむ人が多くなってくる」   ①長野県で突然発生した病気は 女性数人が病名も治療法もわからないまま 数日後に亡くなるというものでした。 最初ニュースで取り上げられましたが その後すぐに報道されなくなってしまいました。 ②次は千葉県で野菜などの農作物に被害が出るというものでした。 土の中が40度ほどに上がり、キャベツなどが腐ってしまう ということがニュースになりました。 薬などの使用によって 土が悲鳴を上げ ダメになってしまった状態ではないか…   ③他にもいろいろなメッセージがありましたが 次に来た大きなものは、阪神・淡路大震災でした。 ④そして、銀行や証券会社が破綻するということ 利息がほとんどつかなくなると言っていたこと ―― 15年ほど前、証券会社に勤めていた方が このことを聞いてすぐに動き「転職してよかった」ということを 言って来られたという出来事もありました。 ⑤私が幼少時から言っていた いずれ年金がなくなる時代が来ると言っていたことも すべて20年前のメッセージ通りに事が動いてきています。 「魚も食べられなくなる」 というメッセージは 現在がそうです。 このようなことがあるから 「水を変えなさい、地球上の3分の1の人の水を変えなさい。 水を使える人を探し続けなさい」 とずっと言われ続けてきました。 わかる人は ぜひ変えてください。 このままいくと 大変なことになります。 あなたはどう思いますか? 信じて 水を変えてみようと思いませんか? mixi日記より

続きを読む>

金色に輝く表の惑星へ行ける人たちへのメッセージ

blog_宇宙3

  ずっと宇宙から来ているメッセージ 今日はもっとわかりやすく書きたいと思います。 宇宙からの水は 使える人と使えない人がいます。 100人いたら33人、3分の1の数少ない人だけが使える水です。 宇宙からの水は、これからますます 今以上に必要になってきます。 例えば 薬は今までのように いつまでも手に入るとは限りません。需要をこれだけ拡大させても 供給できなくなるかもしれないからです。 『妖精ピピィ 地球での旅』の絵本の一部にも書いてあるように 人間の体の中の70%の水を汚さないように 薬品などで汚れてしまった体を 自然治癒力という 人間、生物本来の力を取り戻し きれいな体に戻していきませんか? その変化は 動物や植物だけでなく 喜びの体験談にもあるように 「肌がきれいになった」 「疲れがとれやすくなった」 「元気になった」 などなど 実感値として 現れてもくるものです。 mixi日記より

続きを読む>

20年前の宇宙からのメッセージ 今、現実に!!

blog_水に浸けた葉1

  20年前に宇宙から来たメッセージ―― それが今 現実の姿になりました。  「魚も食べられなくなる 薬で治らない病気が増える そうなる前に水を広げなさい」 ずっと言われ続けてきたことが そういうことだったのだ、それが今だったのだと わかりました。   1999年に地球が滅亡するという メッセージがありましたが人の意識で変わるという可能性も 残されていました。 あのとき 世界各国で核廃絶の動きがあって 私たちは免れることができたのです。 でも 人間の意識は気づかないうちに 悪い方へ向かうことをやめず また動き出し 今 最終段階に入りつつあるとの メッセージが来ています。   空気、雨、食物などからの 内部被曝からできる限り体を守るために この水を使うと実際どう変わるのか やっとガイガーカウンターが手に入り 調べた数値です。 この機器の基準値は【 0.30 】となっています。 ●「ベランダの雨がよく当たる場所にあった        サニーレタスの1枚の葉」を計測     ↓      0.42     ↓  水につけて洗い流してから  キッチンペーパーで押さえて水気を取る    ↓  0.13 に変化 ●「ベランダの雨があまり当たらない場所にあった  キャベツの1枚の葉」を計測      ↓  0.22      ↓   水につけて洗い流してから キッチンペーパーで押さえて水気を取る      ↓   0.13 に変化 ※0.13は自然放射線量の範囲内です。 チェルノブイリ原発事故で被災した ブジシチュ村にある泉と同じような水に 変わっているように思います。 (参照:ドキュメンタリー映画『アレクセイと泉』) この他にも もっと高い数値を出した 大きな植木鉢の土とそこに植えておいた芽キャベツは それぞれ 0.72 でしたがこの水をかけておいて翌日測ったところ どちらも 0.13 に変化していました。 他の方もガイガーカウンターで調べています。 この水を花や動物たちに与えたり 私たちも飲んだり調理するときに 野菜や魚を 水に少しつけて洗い流すということをしたり この水で洗濯をし お風呂に入り 歯磨きをしたり…… すべてにおいて 内部被爆から身を守るということに なるのではないでしょうか。 今や日本全土に回り 風に乗って海外にも届いています。 中国の黄砂は色ですぐわかりますが こちらは色もにおいもないので わからないだけです。 50代までは影響が現れる可能性があり 年齢が低いほど受ける影響が大きいことが わかっています。 5年後、10年後、20年先のことを 真剣に考えてください! 私たちが毎日口にする食べ物から すぐに始めてください!! mixi日記より

続きを読む>