宇宙から・水晶が答える

blog_水晶

  8月半ば頃から 2名1組で「水晶の勉強会」を始めました。 これは 自分自身を心の中から見つめ直し 次元を上げていき 最終的には宇宙とつながって 一人ひとりが 正しい答えを得られるようにするというものです。 最初の2~3回は水晶が動かず 6次元までもつながらずにいました。 1回目 水晶は動かず 「本当に無理なんだ、難しいんだ」と皆さん思ったようです。 実際に 水晶は手で動くものではなく 意識が宇宙とつながらないと 5次元までは動いてくれません。 6次元でようやく動くようになりますが 心が宇宙とつながらず 悪いところへつながったときにも 簡単に動いてしまいます。 怖いのは それを自分では判断できず 宇宙とつながっていない状態を よいと思ってしまうこと・・・ 一番に素直な心をもって 聞くということですね。 自分自身を素の状態にできること 何も考えず 水晶に聞くことができるかどうかで 早く7次元につながり 水晶が答えてくれるようになるのです。 水道の水を宇宙からの水に変えて 湯船に浸かったりしている方たちですので 7次元とつながることが さすがに早いです。 水晶も答えてくれます。 7次元(宇宙)とつながるということは ①自分自身を見直すことができる  ②いつも冷静な判断ができる (悪いほうへ引っ張られない)  ③日常生活において精神統一できる ということにもつながっていきます。 mixi日記より

続きを読む>

すべてメッセージ通りに

blog_宇宙

  宇宙からのメッセージは 最終段階まで来ています。 ただ それを今ここに書くことはできません。 これまでに来たメッセージの一つひとつを追っていくと すべて現在まで当たってきています。 始まりは 「水を変えなさい」 というメッセージでした。 「薬では治らない病気がたくさん発生する。 それを癒すために水を変えなさい」 「野菜や魚、その他の食品、衣類など 私たちが口にするもの 皮膚に触れるものでさえ たくさんの薬品が使われている」 「それが体内に入っていって 体の中で混合し原因不明とされる新しい難しい病気が次々と発生し 治療法もわからないまま苦しむ人が多くなってくる」   ①長野県で突然発生した病気は 女性数人が病名も治療法もわからないまま 数日後に亡くなるというものでした。 最初ニュースで取り上げられましたが その後すぐに報道されなくなってしまいました。 ②次は千葉県で野菜などの農作物に被害が出るというものでした。 土の中が40度ほどに上がり、キャベツなどが腐ってしまう ということがニュースになりました。 薬などの使用によって 土が悲鳴を上げ ダメになってしまった状態ではないか…   ③他にもいろいろなメッセージがありましたが 次に来た大きなものは、阪神・淡路大震災でした。 ④そして、銀行や証券会社が破綻するということ 利息がほとんどつかなくなると言っていたこと ―― 15年ほど前、証券会社に勤めていた方が このことを聞いてすぐに動き「転職してよかった」ということを 言って来られたという出来事もありました。 ⑤私が幼少時から言っていた いずれ年金がなくなる時代が来ると言っていたことも すべて20年前のメッセージ通りに事が動いてきています。 「魚も食べられなくなる」 というメッセージは 現在がそうです。 このようなことがあるから 「水を変えなさい、地球上の3分の1の人の水を変えなさい。 水を使える人を探し続けなさい」 とずっと言われ続けてきました。 わかる人は ぜひ変えてください。 このままいくと 大変なことになります。 あなたはどう思いますか? 信じて 水を変えてみようと思いませんか? mixi日記より

続きを読む>

金色に輝く表の惑星へ行ける人たちへのメッセージ

blog_宇宙3

  ずっと宇宙から来ているメッセージ 今日はもっとわかりやすく書きたいと思います。 宇宙からの水は 使える人と使えない人がいます。 100人いたら33人、3分の1の数少ない人だけが使える水です。 宇宙からの水は、これからますます 今以上に必要になってきます。 例えば 薬は今までのように いつまでも手に入るとは限りません。需要をこれだけ拡大させても 供給できなくなるかもしれないからです。 『妖精ピピィ 地球での旅』の絵本の一部にも書いてあるように 人間の体の中の70%の水を汚さないように 薬品などで汚れてしまった体を 自然治癒力という 人間、生物本来の力を取り戻し きれいな体に戻していきませんか? その変化は 動物や植物だけでなく 喜びの体験談にもあるように 「肌がきれいになった」 「疲れがとれやすくなった」 「元気になった」 などなど 実感値として 現れてもくるものです。 mixi日記より

続きを読む>

宇宙エネルギーの実在を信じる

blog_宇宙5

  宇宙は親。 人は子どもです(心は小宇宙)。 人はみな宇宙エネルギーをもっているのです。 宇宙エネルギーは目に見えません。 見えないため 実在を信じる人 信じられない人に分かれていきます。   目に見えない宇宙エネルギーが実在することを 白紙の心で受け止めてみてください。 それは人間の想念と 非常に共有する性質をもっているのです。 素直に受け止めようとすれば宇宙エネルギーは その想いに応えてくれるのです。   例えば 山へ行ったときすごくすがすがしい空気が流れているように思い 元気になる経験をしたことがあると思います。 それは 人も そのときだけは素直になっているために宇宙エネルギーが入り込んでくるのです。 元気をもらって帰ってくることができるのです。 毎日素直な気持ちで過ごしていけばよいのです。   素直な心には 神(宇宙神)がたくさん入ってきて いろいろなことを教えてくれます。 反対に 疑う心には 穴があいていて 神(宇宙神)は入ることはできません。 そのため いつのまにか悪い方 悪い方へ行ってしまうのです。   今一度 宇宙エネルギーを信じ 自分にたくさんもらってください。 なぜなら 人は宇宙からの旅人ですから。   あなたはどう思いますか? mixi日記より

続きを読む>

流れ星の力をもう一度考えてみよう

blog_星空

  宇宙にある惑星というのは 大きな惑星から小さい惑星が出てきますよね。 そして その小惑星も一つの物体として 宇宙に存在するようになります。 それが流れ星となって 地球にも落ちてきたりして 地球に不足している分を補って それで地球というものが保たれ続けたと 言っています。   地球は 天と地のバランスで保たれているという 夢のような話があります。 天は 雨や空気。 地は 土。   今の地球はどうなっているでしょう? いい雨も降らず 土も死んでしまい 生物がどんどんすめなくなってしまっています。 たくさんいたミミズもほとんどいなくなってしまいました。   土をコンクリートでふさぎすぎて 農薬や薬品なども使いすぎて土も川も海も汚れてしまったのではないでしょうか。   昔は養殖もなかったですよね。 あちこちで養殖が行われ いろんなたくさんの薬品が使われ 海もなお汚れてしまったことでしょう。   どこかに流れていくだろうと思うかもしれませんが 地球は丸いですから どこかに流れていくのではなく 回っていっているだけ…   このようなことすべてが 地球を悪くしてしまって 本来 地球に降り注いでいるはずの宇宙エネルギーが 地上に降りてくることができなくなっています。 たとえ いい雨が降ったとしても 土がコンクリートでふさがれているので 土の中に入っていくことができません。 コンクリートの下では ミミズや小さな虫などが 果たして生きているのでしょうか?ミミズや小さな虫などが 土をまた生き返らせているのですが… そういった生物から生まれる 土から出てくる いいエネルギーも コンクリートでさえぎられているために土に雨が降って 蒸気になって 空気に返っていくはずのものが 返っていくことができません。 いい雨も降らないので いいエネルギーが空気中になくなってしまっています。   私たちは 空気からも土からも どこからも いいエネルギーをもらうことができず死んでいるような殺伐とした中を歩き続けているうちにどんどん自然から離れ 生物として変調をきたし いろんな原因不明の病気が発生することにもなっているように思えます。   このように 1つのことがいろんなことにつながって 結局 私たちに返ってきて そして 地球には 宇宙エネルギーと同様―― 流れ星も落ちて来なくなっています。   地球をよくしていけるように 1つひとつを大事にしていけばたとえば 今まで原因不明とされてきた いろんな病気もよくなっていくでしょう。 また 流れ星がたくさん降るような地球になるといいですね。 あなたはどう思いますか? mixi日記より

続きを読む>